このウェブサイトは、ロシアの彫刻家Ossip Zadkine(1890-1967)の生涯に特化した研究センターの研究に関するウィンドウです。

オシップ・ザッキン(1890年7月14日-1967年11月25日)は、ロシア出身のフランスの彫刻家、画家です。

旧ロシア領のベラルーシ・ビテプスクでユダヤ人とスコットランド人の間に生まれたザッキンは、 主に彫刻家として有名ですが、 絵画やデッサン、 グラフィックアートも生み出しています。

ザッキンはロンドンの美術学校で学んだ後、1910年頃に拠点をパリに移しました。そこで彼は、
キュービズム運動(1914年-1925年)に参加しました。

この時期を経て、ザッキンは原始芸術に大きな影響を受けた当初のスタイルを確立させたのです。

ザッキンの作品でもっとも有名なのは「破壊された都市」(1953年)です。1940年、 オランダの中心地であるロッテルダムはドイツ軍によって壊滅的な被害を受けました。「破壊された都市」はその記念碑として制作されました。

オシップ・ザッキンの作品をお持ちの方は、当リサーチ・センターにぜひ作品をご登録ください。

あなたのZadkine作品を特定して登録するのに役立ちます – info@zadkine.com